Press "Enter" to skip to content
header-img いつのまにか恋をしていた > 同じ言葉でも異なる印象

同じ言葉でも異なる印象

人からかけられた言葉について、大きな影響を受けたという人は多いでしょう。
何気なくかけられただけの一言がずっと心の中に残ることは珍しくありません。
それを嬉しく感じたりする一方、相手に悪気はなくても傷ついてしまった言葉もあるはずです。
そんな風に、人の心の中にいつまでも残り続ける事があるほど、言葉には大きな力があるのです。

親兄妹などの家族、学校の先生や周囲の大人、あるいは親しい友人など、心に残る言葉をかけてくれた相手は様々いるでしょう。
中でも大きな影響力があるものといえば、恋をしている相手、あるいは交際している恋人からかけられる言葉が挙げられます。

好きになった相手に対しては、少なからず盲目的な感情が含まれるものです。
好きな異性からかけられた言葉は、他の人に言われるよりもずっと胸に残るでしょう。
しかし、好きな人の言葉だからといっても、全て受け入れられる訳ではありません。
中には傷つくことを言われたり、ケンカに発展するような言葉をぶつけられたりすることもあります。
その一方、嬉しい言葉や励みになるような言葉をかけられた時には、一言だけでも相手への愛情を今までより感じるでしょう。

好きな人からかけられて嬉しい言葉は様々です。
「好き」「愛している」など、ストレートな言葉は何より嬉しく、心にしみるでしょう。
外見でも中身でも、自分を褒めてくれる言葉をかけられれば思わず笑顔になってしまいます。
「料理が上手だね」「スポーツが得意なんてすごいね」と感心され、肯定的な言葉をかけられれば喜びで胸が満たされるものです。

同じ言葉でも、誰が言ったかによってその印象が異なります。
出会いアプリのように不特定多数の人との出会いがある場でも、好感を持っている相手から言われるのと、初対面でよく知らない相手から馴れ馴れしく言われるのとでは、同じ言葉でも受け取るニュアンスが異なるでしょう。
アプリという顔の見えない場だからこそ、相手にかける言葉の選び方は大いに考慮しなくてはいけません。