Press "Enter" to skip to content

やりすぎ注意

仲の良い相手や恋人と一緒にいると、もう少し話していたいと思う事があるはずです。
聞いて貰いたい話がある場合や、ただ好きな相手と一緒にいる時間を少しでも伸ばしたいと思う場合もあるでしょう。

友人であれば単純に聞いて貰いたい話がある場合の方が多いかもしれません。
その人でないと言えない悩みの相談事があったり、近しい友人だからこそ理解してくれることがあったり、友人に話したいことというのは案外尽きないものです。

ただ聞いて貰えれば満足するような話であれば、ある程度の時間を見計らって会話は自然と終えることができるでしょう。
ところが相手が恋人であり、繋がっている時間を引き延ばしていたいがために話をしているようなときは状況が異なります。

例えば恋人とデートに出かけた時などは、帰るのが悲しくなるくらいに離れがたく感じることもあるでしょう。
それと同じように、たとえ電話越しに話しているだけであっても、もう少し長く繋がっていたいと思ってしまうものなのです。

あるいは出会いアプリ上のメッセージのように、気になる相手とのやり取りでも同じような感情が起こってくるでしょう。
相手のことをもっと知りたい、自分のことをもっと知ってもらうために、夜遅くなってしまってもメッセージの交換のやめ時が分からなくなってしまう事もあります。

しかし夜の時間に長い事会話を続けていたり、アプリでのメッセージをなかなかやめずにいたりすると、自分だけではなく相手への負担になる事もあります。
仮に同じ職場での出会いだった相手ならば、次の日が同じく休日であるため夜更かしをしても大丈夫と言う場合もあるでしょう。
しかし、出会いアプリにはいろいろな人が集まってきます。
職業も違えば、働く時間帯や勤務形態も異なります。
自分が次の日一日が休みでも、相手は早朝から出かけなければならない事もあるはずです。

夜更かししながらの会話は楽しいものがありますが、相手に対する配慮は欠かせないものとなります。
やりすぎずほどほどに、節度のあるやり取りを楽しみましょう。