Press "Enter" to skip to content
header-img いつのまにか恋をしていた > トップページ

微かな刺激

昼間の明るいうちに電話やメールをするのはごく普通の事ですから、その行為について取り立てて感慨といったものはないでしょう。
仕事上の事務的なやり取りにしろ、友人同士のプライベートなやり取りにしろ、日中に交わす言葉に普段と違った雰囲気を覚えることは滅多にありません。

しかし、もしも言葉を交わす相手が気になる異性であり、尚且つその時間帯が昼間ではなく夜であったらどうでしょう。
夕方から一般的に人が眠りに就く前までの時間帯にかけてであれば、昼間と気分はそう変わらないかもしれません。
しかし人々が寝静まった深夜頃を想像してみると、少しだけいつもの気分とは違うものが味わえるのではないでしょうか。

内緒話でもするかのように、ひそひそと交わす言葉のやり取りには、少々の後ろめたさといくらかのワクワク感が湧いてくるかもしれません。
朝起きて夜眠るという普通の生活をしていれば、ちょっとした夜更かしをした時にいくらかの罪悪感を覚えることが時々あるはずです。

次の日が仕事だった場合、眠気が業務に響くのにと反省することもあるでしょう。
次の日が休みだとしても、夜寝ていないせいでせいでお昼ごろまでだらだら寝てしまい、目覚めた時の時刻を見て落胆するかもしれません。
夜の時間は眠るものとしてインプットされている人にとっては、極端に言えば夜更かしは非日常となりえます。

そしてそんな非日常の中で気になる異性とやり取りできれば、恋する気分も上向きに高まっていくことが予想されます。
24時間利用できる出会いアプリのような場であれば、アプリを通して夜遅くまで人と繋がっていることができます。

人との出会いは日中に起こる事ばかりではありません。
深夜にアプリを覗いてみたとき、同じように夜の静けさの中でアプリをやっている異性との出会いに遭遇することもあるのです。
大きすぎない刺激でありながら、いつもと違う心地を味わいたければ出会いアプリは最適です。
夜に誰かと繋がっていたくなった時は、出会いアプリを覗いてみると良いでしょう。